【簡単】Bing web マスター ツール登録

Bing web マスター ツールへの登録

他の記事(検索エンジンシェア 日本では?)で、GoogleとYhaoo!の対策を優先として対策をすれば良い旨を書いておりました。
Google、Yhaoo!の後でSEO効果も期待できるBing webマスターツールには登録をしておきましょう。

まずは、現在のサイトがインデックスされているか?を確認

こちらは、下記のようにbingの検索画面より、site:サイトURLと入力して検索をします。
Bing 検索画面
ex) site:ecseo.pro


インデックスされている場合は検索結果に表示されます。
Bing site: 検索結果
まずは、現在どのページがBingに登録がされているかを確認します。


bing webマスターツールの登録

Bing web マスター ツールとは、登録をしたwebサイトのクロール状況やモバイル最適化のチェック、流入検索キーワードなどチェックができるSEO対策の結果・成績を確認できるツールになります。
*要するにBing 版のGoogleSearch consol(グーグルサーチコンソール)です。
新規登録の流れ
https://www.bing.com/toolbox/webmaster/?cc=jp bing 登録画面
「サインイン」をクリック

続いて「Microsoft」をクリック

「作成」をクリック
*マイクロソフトアカウントをお持ちの方は、メールアドレスを入力して「次へ」でもOK

お使いの「メールアドレス」を入力して「次へ」をクリック

続いて「パスワード」を設定

入力したメールアドレス宛に「セキュリティコード」が送られてきますので、番号を入力して「次へ」をクリック

表示されている文字を入力して「次へ」をクリック

確認画面ができてますので「はい」をクリック
これで一旦、アカウントの作成が完了となります。続いてはサイトの追加を行います。

Bing webマスター 画面の上部にある「サイトの追加」のテキストボックスに追加したいサイトのURLを入力して「追加」をクリック


*印がついている必須の入力項目を入力して「保存」をクリック

*所有権の確認方法は3種類ありますが、オプション1のwebサーバーにXMLファイルを設置する方法をご紹介します。

サイトを登録するために「BingSiteAuth.xml」のリンクをクリックし、BingSiteAuth.xmlをダウンロード
BingSiteAuth.xmlをFTPソフトでアップロード
続いて、「確認」ボタンをクリック

登録が完了すると、画面中部の「サイトマップ」にサイト情報が表示されます。
簡単な説明となりますが、これで登録が完了となります。
登録したてですとデータが入ってませんので、1週間もすると様々なデータが見れるようになります。